ヨガを始めたきっかけはダイエットになるのではないかと期待して始めました。

ヨガを始めたきっかけはダイエットになるのではないかと期待して始めました。DVDを購入して自宅で取り組んでいました。やり始めて実感したことは、肺活量が上がったことです。歩いていてとても呼吸がしやすく、階段をあがったりしても息が上がることがなくなりました。理由は見た目からも分かりました。肩が内側に丸まっているような姿勢が意識しなくても胸を張ったようにぴんとした背筋に変わったからです。

これは嬉しい変化でした。ただ、ヨガをやり始めて3カ月目くらいたったころ、腰痛があったときに、ストレッチ効果があると思ってかまわずDVDのポーズをすべて1セット行おうとしましたが、途中で動けないほどの痛みに襲われ、30~40分格闘した末、救急車を呼び病院に行くとぎっくり腰と診断を受けました。そのため、ぎっくり腰をやってからはは、腰に負担の少ないポーズのみ実践しています。

 

友人がインストラクターをしており、大学卒業後なにか運動を始めたかった為ホットヨガをはじめました。新潟のカルドになります。
最初はあまり続かず途中でやめてしまったのですが、嘔吐するほどのひどい偏頭痛になってしまい原因を考えたところ肩凝りからきているのではないかと考えホットヨガを再開しました。ホットヨガを再開すると肩凝りも大分改善され、頭痛薬も週に3~4回飲んでいたのが月1、2回と大幅に回数が減りとても嬉しかったです。
はじめは難易度の低いコースでないときつかったのですが、慣れ始めると立ちポーズや動くポーズでも筋肉がついてあまり辛くなってきて、出来ることが増えてくることが楽しくなります。また呼吸に関してもレッスンはじめの呼吸がとても浅く、日常生活ではなかなか自分の身体に目を向けられていないのでヨガの時間で自分のための時間が作ることの大切さに気づきました。

ホットヨガのカルド新潟万代